キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2016/01/07
格安航空券を買える仕組みの情報を更新しました。
◆2016/01/04
LCCがびっくりするくらい安い値段を出す理由とはの情報を更新しました。
◆2016/01/04
LCCは乗っても大丈夫?安さとサービスの関係性の情報を更新しました。
◆2016/01/04
どうして旅行代理店で格安航空券が売られているのだろうの情報を更新しました。
◆2016/01/04
株主様のために少しでもお安くチケットを提供してくれるの情報を更新しました。

格安航空券を買える仕組み

空を自由に飛び回り、日本全国のみならず世界中へと私たちを連れて行ってくれる飛行機。
毎日仕事で使わなければならないくらい忙しい人から、人生で一回だけ乗ったことがあるという人を乗せるような乗り物でもあり夢は膨らむばかりです。

飛行機はとってもお高い

航空券が高い
高い空を飛ぶ飛行機は料金も高いものです。
皆さんも一度「ここに行ってみたいな」という所は必ずあるでしょうから、一度そこまでの航空料金を検索してみてください。
きっと「行くだけでお金が無くなってしまう」と思うような値段が表示され、さっさとあきらめようと切り替えてしまうはずです。
しかしそれではもったいないですし、航空会社だって損をしてしまいます。

なんであんなに高いのか

航空券はどうしてそれほどまでに高いのでしょうか。
その理由は「コスト」にあります。
ご存じのように飛行機は、ちょっとでも整備不良やミスがある機体ですとすぐに墜落してしまいます。
墜落させないためには定期的に綿密な手入れをすることが必要で、そのためには人もお金もたくさんかかるのです。
加えて、飛行機は誰にでも操縦できるような代物ではありません。
それゆえ人件費も高くつくのです。
こうした諸事情から驚くほどの高い料金を請求せざるを得ないという面が多分にあります。

航空会社も努力している

正規の料金では高くついてしまう飛行機であっても、一人でも多くのお客様が利用できるようにと様々な航空会社がいろいろな努力を重ねています。
その最たる例が「格安航空券」です。
航空会社が直接発売している格安航空券もあれば、旅行代理店を通して購入する格安航空券の二種類があります。
どれもが正規の料金に比べたら安く設定されており、中には数万円近く変わってくる場合もあるのです。
ところがここで気になってくることがあるかと思います。

差額はどこへ消えた?

夜間飛行
安くなった分航空会社としては損をしているはずです。
にもかかわらず今でも飛行機は空を飛び続け、航空会社は到底倒産する気配は見えません。
ではいったいその差額はどこへ来てしまったのでしょうか。
そのことは後で詳しく述べていくこととして、差額がもたらす私たちへのメリットを考えてみましょう。

気軽な旅行が実現できる

やはり最大のメリットといえば、気軽に旅行へ出かけられるということが最大のメリットといえるでしょう。
新幹線や高速バスと違って飛行機は非常に短い時間で長距離を移動できるものです。
今まで行こうと思ってはいたけれど、時間や経済的事由により気軽に赴くこともできなかったような地域へも連れて行ってくれます。

いったところが広いと世界が変わる

これから格安航空券がどうして発売できるのかという仕組みについてご紹介していきたいと思います。
皆さんも今まで様々なところへ旅行されたことがあるかと思いますが、旅先での経験や身につけた知識というのは私たちの人生の幅を厚みのあるものへと変貌してくれます。
旅に出かけた数だけその人は大きく成長することができるでしょうし、誰かと話をするときにも話のきっかけになって大変おもしろい人ともわれるかもしれません。
もしも「格安航空券ってなんだか妖しいから購入するのをためらっている」という方がいらっしゃったら、是非格安航空券の仕組みを学んでみてください。
正しい知識を身につけておけば「こういう理由から格安航空券を私たちに販売してくれるのか」ということがたちどころに分かることでしょう。
PR:格安航空券サイト 国内航空券の最安値販売は空旅.com
【http://www.soratabi.com/】